FC2ブログ


   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

華

Author:華

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

華と刀とQ太郎

   

前回の続きです。

猿田彦さんと九尾の狐が来てくれたことで、
わたしも、途方に暮れていたところから立ち直り、
目の前にある、歪んで絡み合っている多次元は、
切り離せばいいんじゃないか?と、
名案までひらめきました!

とはいえ、切り離すって言ってもねぇ
わたしの知識なんて、
むかーし読んだマンガ「幽遊白書」の
桑原くんの次元刀くらいだしなぁ…

すると、
なんということでしょう(←匠風)

ズシンと、
急にとんでもない重さをカラダに感じて、
「なにごと?!」と、見てみると、
RPGゲームのベルセルクが持つような、
でっかい刀を持っているではありませんか!
そーなんです!
わたしが次元刀(なのか?)を持ってるんです!

まじかっ!
これを振り回せと?!
てか、重た過ぎて持ち上がりませんけど?!!

すると、スパルタ九尾が、
「ここを切り離せ」と、
次元と次元の間の、きらきら光っているところを、
指示してきやがりました。

もうねぇ、無理ですから。
刀とか持ち上がりませんから。
重過ぎですから。
と、両手で刀を抱えるようにして、
九尾を見ると、

こちらを見下して「ああ⤴︎?」と、
鼻で返事をしやがりました。

はあぁぁあああ???
これからがんばろうとしてる
このわたしに「ああ⤴︎?」だと!
おまえなんか、九尾の狐なんていいもんじゃねぇ、
今日からQ太郎だぁーーー!

また腹が立って来たので続きは今度。

スポンサーサイト
| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。