FC2ブログ


   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2018 >>
プロフィール

華

Author:華

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

真っ黒な塊

   

わたしは、霊は見えないんですが、
エネルギーや波動は、今でも見えるのです。

先日、友人が、どーも霊を呼んだようなので、
ちょいと遠隔ですが見に行ったのですよ。

すると、まぁ、波動の低い塊が
うじゃうじゃいるじゃありませんか!

この友人は、念やエネルギーがとても強く
なのに、鈍感で(笑)
いろいろとやらかしてくれるんですよ。

今回も、彼女の優しさから、
大きな霊騒動となったんですが、
そこらへんは、彼女のとこの氏神さまにお任せして、
わたしは、家よりもっと深いところが
とても気になり、そちらに意識を合わせてみると。

ここはどこ?みたいな場所に、
ばちっと意識があいました。

そこは真っ暗で、真っ黒いコールタールのような
固いベタベタした塊が、
どろんどろんに溢れかえっていました。

こ、れ、は、、、初めましてだわぁ
どうしましょ、と、困っていると、
急に「光」と言うワードが頭に浮かび、
すると、それと同時に、とても優しい光が、
その真っ黒いどろんどろんを照らし始めました。

光に照らされたどろんどろんは
光のあたったところから溶けていき、
その下には、無色透明な、
とても繊細な美しいモノがありました。
光の正体は、たぶん、愛だな、とか思いながら、
美しい無色透明にするために、
わたしはできる限りのエネルギーを使い、
がんがん光をあてていきました。

そのどろんどろんが、
美しい無色透明に変わっていくと、
今度は、その空間の次元の歪みが見えて来ました。
ぐにゃっと曲がった、その空間は、
入り組んでしまっていて、現実なのか、なんなのか
わけのわからない状態になっていました。

とりあえず、どろんどろんはキレイになったんですが、次はこの歪みです。
さすがに、これはわかりません。
正直、このまま逃げちゃおうかな?と、
思いましたよ(笑)
見たことないにもほどがある!

いやぁ、さすがにもうお手上げだわ、と、
軽く気絶しながら
それでも、
なんとか出来る人、いませんかぁーと、
ヤケになって呼んでみたら。

おおおおお、
困った時の神頼みとはよく言ったもので、
お馴染みの、猿田彦さん&九尾の狐が来てくれました。

長くなったので続きはまた今度。


スポンサーサイト
| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。