S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2017 >>
プロフィール

Author:華

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する


風邪を引きました

   

2、3ヶ月前から
カラダが風邪を引きたがっているのを感じてました。

健康なカラダというのは風邪を引けるカラダです。
風邪を引いて、ぐわっと高い熱を出して
するすると、自力で治せるカラダが健康なんです。

風邪を引いても、寝込んでしまうカラダは
日頃のメンテナンスが必要なちょい不健康体です。

風邪も引かず、何年も元気な方は、
急に大病をされたりします。

一概にすべての人がそうだとは言いませんが、
得てしてそういう場合が多いです。

わたしも久しぶりの風邪で、
参ったなぁ、仕事あるんだけど、
気管支だか気管がひゅーひゅーいってるよぉ
肺の収縮が小さい、
こりゃ、ぜんそくの点滴打ちに行かなきゃダメかなぁと、
連休明けの病院行きを覚悟していたんですが、

わたしには、
スピ相棒でフードセラピストのみっちという、
こんな時に頼れる友人がおりまして、
彼女から「梅干しをお湯に入れて飲んで、実も食べなさい」とLINEが来まして(この梅干しもみっちの手作り♪)
高熱でふらふらしながら
お湯を沸かし梅干し湯を作って、ちびちび飲みながら、
こんな時のエネルギー整体だよなぁと、
肺・気管・気管支・喉とやっていきました。

梅干し湯を2杯ほど飲んだタイミングで
なんということでしょう(←匠風)
気道が開き、呼吸が楽になり、
汗をびっしょりかき、
詰まってて何もしてなかった鼻が通り、
久しぶりに鼻呼吸ができるじゃありませんかっ!

3杯目を飲む頃には、熱が下がったので、
カラダが楽になって、
もう大丈夫だ!治った!と確信しました。

これ、たった半日のことです。

梅干しパワーを身を以て経験し、
自分のエネルギーが、きちんと回り出すと、
自身の治癒力がぐんと上がるのも、
身を以て経験しました。

自然のチカラってすごいです。
感動しちゃいました。

そして、ふだん自分が、
どれだけ、不自然な生活習慣で生活しているのか?を
まざまざと見せつけられました。
これからは、もっとカラダの声を聞いて、
自然な生活を心がけます。

スポンサーサイト
| - | - | page top |

その後のカラダを整えるココロを整える

   

母の肩を施術してから、3日後に母に会ったので、
「肩甲骨の痛みはどうなった?」と聞いたところ、
「あら?!そういえば、ぜんぜん痛くない!」と、
驚いてました。

施術をしたのは左肩だったのですが、
やはり、そこが原因で肩甲骨回りが痛かったようです。

味をしめた母は「またよろしくー」とウキウキです(笑)

そして、感情を扱ったクライアントさまは、
みぞおちに溜まっていた感情を抜いたからでしょうか、
なんと!!お腹が凹んで痩せたそうです。

いらない感情がカラダに溜まって、むくんでいたのか?
感情が脂肪に化けていたのか?

何れにしても、人間って、感情の便秘でも太るのですね。

カラダとココロは繋がってるので、
出すもん出さないとカラダに悪いですね。

それにしても、
痩せるならわたしが受けたいぞ!
誰かわたしにやってたもー

| - | - | page top |

カラダを整えるココロを整える

   

わたしは算命学士でヒプノセラピストなのですが、
この2つは、主にココロを整えて、
楽に生きるためのツールとして使います。

これらはカラダを整えるのにも使えますが、
ダイレクトに働くというよりも、
間接的に、ココロや思考が変わったから、
カラダも元気になる、的な、作用になります。

そこでね、
カラダにダイレクトな何かないか?
ということで、今年から整体を習い始めました。

ヒプノセラピストがやる整体なので、
潜在意識を使った、エネルギーワークが主になります。

カラダに触れ、クライアントの問題となっている、
いらない感情や、痛みを抜いていきます。

先日のセッションで、さっそく使ってみたところ。

なんということでしょう(←匠風)

クライアントの問題が、
気持ちいいくらいに、どんどん抜けていくではありませんか!!
クライアント自身も、軽くなるーと、
施術中から体感してくれています。

んーー、こりゃすごい!

クライアント自身が潜在意識にアクセスして、
問題と向き合うヒプノセラピーよりも、
ポイっと捨てるだけでOKな、
溜まったマイナス感情を、
とりあえず出してしまうのにはもってこいな施術です。

ふだんから、心が常にざわざわして落ち着かない、
と言っていたクライアントさまが、
終わってから、ざわざわ感がない!と言ってくださいました。


お次は、母の肩甲骨周りの痛みにやってみました。

肩甲骨周りねーと、施術を始めたのですが、
んんーー?ナンカチガウ…

あちこち探ると、どうも左肩が痛いみたいです。

「肩甲骨って言ってたけど、左肩みたいだよ」と言うと
「肩は、もう何年も前からなんだけど、ときどき痛いの。でも今は痛くない」と言います。

でもでも、肩の痛みが原因であちこちに波及してるのでは??
なので「では、肩をやるねー」と、今回は肩を施術しました。

終わってから聞いてみると、楽になったと言ってました。
カラダの痛みは、日にちが経った方が実感できるので、
2、3日様子を見てもらうことにしました。

治ればいいなぁ。
イタイのはやだもんね。

| - | - | page top |

ポンコツ侍とQ太郎

   

お前なんかQ太郎って呼んでやるーーーっと
ぶちっとキレてから、の、続きです。

黒いどろんどろんが、無くなったあと、
出て来たのは、透明な美しい世界でした。
ただ、そこには、現実と異空間と異次元が
重なり合って、絡みついて、
このままにはしておけない状態に、なっていました。

重たい刀をやっとの思いで担ぎ、振り上げ、
Q太郎に指示された、
きらきらの次元と次元の境に、
とりゃあぁぁあああーーと、
ポンコツ侍よろしく振り下ろしました。

二つに分かれた次元は、
それぞれの場所へと戻って行きました…と
行きたいところですが、そうは行かず、
一箇所切ったところで、
ぜんぜん、まったく、ぜーーんぜん、
ビクともせず、
離れもせず、
絡み合ったままでした(なんでだよぉー涙)

さらにQ太郎からは「次はここ」と指示が続きます。
わたしは、ひと振り3秒、お休み10分、
くらいのスピードでしか動けないので、
「次とか、今はムリ」とゼーゼー。
Q太郎は「ああ⤴︎」と、
またもや、こちらを見下してましたが、
わたしは「そんな目をしてもしょうがないじゃないか」と、
えなりかずきのモノマネで、
お茶を濁すくらいしか出来ませんでした。

それから、Q太郎の指示通りの場所を
ポンコツなりのわたしのペースで、
ゼーゼーしながら、
ひと振りひと振り全力で、
淡々と切り離して行きました。

お休みが圧倒的に長かったので、
2時間くらいかかってしまいましたが、
とうとう、ぜんぶを切り離しました。
ヴィクトリー(^^)v

交じりあった多次元は
戦争時で止まってしまった異空間と
今現在のこの次元と
この友人の心の中と
あとは、その他もろもろ、いろんな次元が絡み合ってて、
ぜんぶは把握できませんでした。

家の中の霊騒動はどうなっているか見に行くと、
さすが氏神様!
キレイに片付けて、お帰りになっていました。

そのあとは、こんなぐちゃぐちゃを、
黙ってずっと支えてくれていた家の気を、
現実にぴたっと合わせて整えて、
わたしも遠隔をおしまいにしました。

その後、その友人は、
気持ちよく眠れるようになったと言っていたので、
良かったなぁ、と、
人助けもたまにはいいもんだなぁ、
なーんて流暢なことを思ってましたが、
あのQ太郎の目を思い出して、
二度とやらねぇと、心に誓いましたとさ。

めでたしめでたし。

| - | - | page top |

華と刀とQ太郎

   

前回の続きです。

猿田彦さんと九尾の狐が来てくれたことで、
わたしも、途方に暮れていたところから立ち直り、
目の前にある、歪んで絡み合っている多次元は、
切り離せばいいんじゃないか?と、
名案までひらめきました!

とはいえ、切り離すって言ってもねぇ
わたしの知識なんて、
むかーし読んだマンガ「幽遊白書」の
桑原くんの次元刀くらいだしなぁ…

すると、
なんということでしょう(←匠風)

ズシンと、
急にとんでもない重さをカラダに感じて、
「なにごと?!」と、見てみると、
RPGゲームのベルセルクが持つような、
でっかい刀を持っているではありませんか!
そーなんです!
わたしが次元刀(なのか?)を持ってるんです!

まじかっ!
これを振り回せと?!
てか、重た過ぎて持ち上がりませんけど?!!

すると、スパルタ九尾が、
「ここを切り離せ」と、
次元と次元の間の、きらきら光っているところを、
指示してきやがりました。

もうねぇ、無理ですから。
刀とか持ち上がりませんから。
重過ぎですから。
と、両手で刀を抱えるようにして、
九尾を見ると、

こちらを見下して「ああ⤴︎?」と、
鼻で返事をしやがりました。

はあぁぁあああ???
これからがんばろうとしてる
このわたしに「ああ⤴︎?」だと!
おまえなんか、九尾の狐なんていいもんじゃねぇ、
今日からQ太郎だぁーーー!

また腹が立って来たので続きは今度。

| - | - | page top |
次のページ